神話と詩 第6号

2007年12月

論考

民国期上海における催眠術の流行
志賀 市子(1)

近代人文学と清朝考証学
山田 利明(25)

穆木天における「国民文学」の試行 ――女性・カフェ・故国と象徴詩――
鄧   捷(43)

聞一多と梁実秋 ――乗り遅れてしまった青年、梁実秋――
鈴木 義昭(71)

類書と詩 ――聞一多の初唐文学論(一)――
牧角 悦子(91)

特別寄稿

一九四六年中美関系的一頁――以聞一多被刺案善后為中心
聞  黎明(136)

SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
Ċ
表示 ダウンロード
志賀論文  418KB v. 2 2009/10/06 21:11 日本聞一多学会事務局
Ċ
表示 ダウンロード
山田論文  381KB v. 2 2009/10/06 21:11 日本聞一多学会事務局
Ċ
表示 ダウンロード
鄧論文  697KB v. 2 2009/10/06 21:11 日本聞一多学会事務局
Ċ
表示 ダウンロード
鈴木論文  432KB v. 2 2009/10/06 21:12 日本聞一多学会事務局
Ċ
表示 ダウンロード
牧角論文  492KB v. 2 2009/10/06 21:12 日本聞一多学会事務局
Ċ
表示 ダウンロード
聞論文  343KB v. 2 2009/10/06 21:12 日本聞一多学会事務局
Comments