神話と詩 第9号

2010年12月

聞一多研究をめぐる一〇年 ――序に代えて――
牧角 悦子 ( 1 )

論考 
事実と創造――聞一多『死水』の哀悼歌を中心に――
牧角 悦子 ( 3 )

聞一多「詩的格律」の周辺――「三美」、「スタール先生」、「イマジスト詩人フレッチャー」、「節奏の理解」を巡って
鈴木 義昭 (37)

留学生としての聞一多と謝冰心
牧野 格子 (55)

中国における郁達夫小説の需要と研究
大久保 洋子 (77)

火の夢想者――聞一多の詩における「火」
鄭 振偉 大久保 洋子(訳)(99)

中国近三〇年闻一多研究的成就和发展前景
陈  国恩 (168)

報告 
徐志摩とバートランド・ラッセル
加藤 阿幸 (127)

聞一多の「賈島」と賈島研究の今日的課題
松原  朗  (135)

日本における郭沫若の紹介・研究九十年
岩佐 昌暲 (145)

SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
Comments