学術交流‎ > ‎

日本聞一多学会第七回大会並びに総会

2009/01/21 19:44 に 日本聞一多学会事務局 が投稿

日時:2003年6月21日(土)13:00~
会場:早稲田大学文学部36-681教室
   (地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩10分)

研究発表
1.鄧捷(東京大学):「人格」の文学――聞一多と徐志摩に見るタゴールの影響―
2.野村英登(東洋大学・院):霊性としての神仙――聞一多の道教理解から――
3.牧角悦子(二松学舎大学):中国神話学の夜明け―近代中国の学術と聞一多―

一般講演
岡田袈裟男(立正大学):屈原と中国現代音楽

Comments